老神温泉 大蛇まつり

daija1

 

体長30mの大蛇を数十名の人数で担ぎ、振る舞い酒と共に温泉街を駆け巡る「大蛇まつり」は、
老神温泉の名前にも由来する「大蛇」への感謝を示す老神温泉で最も大きなイベントです。

 

daija2

 

はるか昔、赤城山の神と日光男体山の神が今の戦場ヶ原で争いました。
互いに「蛇」と「ムカデ」に化けて激しく戦いましたが、
矢傷を負った 蛇は老神の地まで戻り、体の矢を抜いて地面に刺しました。
すると大地から温泉が湧き出し、湯に浸かった蛇はすぐに回復してムカデを追い返しました。
これによりこの土地は「追い神」と呼ばれ、今の老神温泉の名の由来となりました。
赤城山の守り神であり、万病に効く温泉を見つけてくれた「蛇」への感謝の気持ちを込めて、
老神温泉では例年「大蛇まつり」を開催しています。

 

daija3
daija4

 

威勢の良い掛け声とともに大きな蛇を大勢で担ぎながら、夜の温泉街を練り歩く若衆みこし。
みこし自体の全長が長いため、おのずと蛇が生きているかのような動きが出て迫力があります。

 

daija5

 

大蛇神輿が温泉宿や店先を通りがかると、庭の方まで入り込んでいき「とぐろ」を巻いて一休み。
担ぎ手たちが大きな杯で振る舞い酒を回し飲むたびに、大きな歓声が上がって温泉街が熱気に包まれます。

 

daija6
daija7

 

担ぎ手たちの酒が回るごとに神輿の蛇行が強まり、いよいよ大蛇の動きに「らしさ」が増してきます。
神輿は、当宿「吟松亭あわしま」の館内にも入り込み、ロビーラウンジで賑やかな「とぐろ」も巻きます。

 

daija8

 

老神温泉「大蛇まつり」は、年5月の第二金曜日と土曜日に開催されます。
2013年の巳年に「Longest festival snake 最も長い祭り用の蛇」としてギネス世界記録にも認定された、
全長108m、重さ約2t、胴回り1.3mの「大蛇」も、12年に一度、200名以上もの手によって担ぎ出されます。
昼間は元気なちびっ子たちによる可愛い「子供みこし」が通りを練り歩き、
夜は大人たちによる「若衆みこし」が街に繰り出します。
「子供みこし」に使われるの全長20mの蛇は、平成28年9月17日に開催された東京都品川区の魅力発信イベント
「しろへびサミットinしながわ」において貸し出されました。

 

daija9

 

.

大蛇祭りが行われる5月は、奥利根の春の便り

山野草物語プランがおすすめです!

.

その他の沼田・老神温泉の歳時記
2月3日は節分祭
2〜3月はひな祭り


2017年03月29日(水)|未分類
老神温泉のご宿泊なら老神温泉「吟松亭あわしま」

掲載の記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます